ブログ

マタニティケアの必要性

産前・産後整体専門mamaluxe所属のたいよう整骨院の平山太陽です。
マタニティケアはなぜ必要なのか?
その理由の1つは、赤ちゃんが生まれるまでのお腹の中は、赤ちゃんが過ごすためのお家です。
赤ちゃんが居心地の良い環境で過ごすことは、同時にママの心も体も安定しているということです。

お腹は赤ちゃんのお家


ママのお腹は赤ちゃんが生まれてくるまでのお家になります。
イメージとして
・骨盤=土台
・腸=柱
・横隔膜=屋根

これらの状態を安定させることがマタニティ期には必要となります。
妊娠中はリラキシンというホルモンが脳に指令を送り、骨盤の靭帯を緩めます。
骨盤の靭帯が緩むことで、赤ちゃんが産道をスムーズに通る通り道を作るとともに、骨盤が歪みやすくなります。
骨盤は先ほど書いた通り、土台であるため骨盤が歪むと赤ちゃんが傾いた家に住んでいるのと同じことです。

次に腸です。妊娠すると、子宮と共に腸が引き伸ばされるので、便秘でガチガチになり、赤ちゃんの居場所が狭くなります。
この狭さが切迫早産や逆子につながる可能性があります。
腸の動きを良くすることで、赤ちゃんの部屋が広くなり、お腹の中で動きやすい空間に導きます。

そして最後に横隔膜です。横隔膜が緩むことで、子宮が広がります。
イメージとして、お家の天井が高くなることでポッコリお腹が凹み、お腹の張りや固さが取れやすくなります。

しっかりと赤ちゃんを居心地の良いお家の状態でお腹の中にいさせてあげること(正期産まで)がマタニティケアの目的の一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
マタニティケアは痛みを取り除くだけではなく、ママと赤ちゃんがともにリラックスできる環境を作ることが大切です。

マタニティ整体初回お試し料金


産前・産後ケアの想い
当院は私の妻が「産後ケアはどこですればいいの?」という一言をきっかけに始めました。産後は今後の人生を決める大事な時期であるにも関わらず、今の日本では産後ケアをしてくれる場所がまだまだ少ないのが現状です。育児によって心も体も疲れきった状態では楽しく子育てはできません。
ママを笑顔にすることが子供の笑顔にもつながると私は思ってます!「たいよう整骨院」はママを照らし、心も体もポカポカにできるそんな場所を目指しております!

投稿者:平山 太陽
柔道整復師
日本こども未来協会
産前・産後専門mamaluxe所属
日本施術マイスター養成協会
猫背矯正アドバンスマイスター

より多くのママを救いたいのでこの価格です!!
通常価格¥7560の施術→体験価格¥2980-

先着10名様限定→残り2名

たいよう整骨院|駒込の産後骨盤矯正・妊婦(マタニティ整体)
駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分
東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
TEL 03-5832-9443

当院は地域でママに選ばれる整骨院No.1を目指しております!
産後の骨盤矯正・ぺリネケア・猫背・姿勢で悩まれている方はぜひ、一度ご来院くださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る