ブログ

抱っこでの腰痛

産後は今まで腰痛を知らなかった人でも症状が現れるケースが多いのです。
その一つの原因は育児の抱っこです!
皆さんはお子様を抱っこする際に姿勢を意識したことはありますか?
抱っこの際、無意識での姿勢は腰にはかなりの負担がかかっています。
ちょっとしたことを意識するだけで腰への負担はかなり減ります!

抱っこの姿勢

皆さんはお子様を抱っこしている際に骨盤を意識したことがありますか?

骨盤の正しい位置は右の図であり、骨盤が立っている状態です。
しかし、抱っこの際に腰に痛みが出る方の姿勢は左の図のように骨盤が前に傾いているケースが多いのです。
人は重たいものや子供を抱えたりする際、骨盤が前に傾いている状態のまま、上半身だけ反らしてバランスを取ろうとするのです。
骨盤が前に傾いている状態では背骨のS字カーブが強くなり、骨や筋肉などにかかる負担が強くなります。
この姿勢が腰痛の原因であり、痛みを我慢し続けていると、ギックリ腰・椎間板ヘルニア・腰の骨の変形・股関節の変形にも影響してくるのです!

骨盤を立てるには

骨盤を立てるには何をすればよいかというと「お尻を引っ込めて立つ」ことです!
意外と意識してみると骨盤が前傾している方はお尻の後ろが出っ張っているのです。
この出っ張りを無くすことで骨盤は真っすぐ立つことができるのです。
抱っこした際にお尻を引っ込めれば自然と骨盤が立ち、腰の反りが無くなることで腰痛の悩みが解消されるのです。
ただ、女性の方はもう一つ意識して頂きたい箇所があります。
それは内股になっていないかどうかです。立っている時、足先が内側に入っている方は内股だと思ってください!
内股になっている方は体の構造的にお尻を引っ込めることができないので、足先が内側の方はそちらも意識してみてください。

補足ですが、後傾タイプの人と言いますと抱っこすることで逆にバランスが取れ、楽なケースがあります。
ただ、後傾タイプは高齢の方には意外といますが、若い方にはあまり見られないケースだと思います。

まとめ

毎日の抱っこは体にかなりの負担がかかっています。
少しでも骨盤を意識することで痛みの軽減につながって頂けたらと思います。
そして、産前産後は女性にとって、とても大切な時期でありケアがより必要な時期でもあります。

産後の骨盤矯正体験会


産後ケアの想い
当院は私の妻が「産後ケアはどこですればいいの?」という一言をきっかけに始めました。産後は今後の人生を決める大事な時期であるにも関わらず、今の日本では産後ケアをしてくれる場所がまだまだ少ないのが現状です。育児によって心も体も疲れきった状態では楽しく子育てはできません。
ママを笑顔にすることが子供の笑顔にもつながると私は思ってます!「たいよう整骨院」はママを照らし、心も体もポカポカにできるそんな場所を目指しております!

投稿者:平山 太陽
柔道整復師
日本こども未来協会
産前・産後専門mamaluxe所属
日本施術マイスター養成協会
猫背矯正アドバンスマイスター

より多くのママを救いたいので今だけこの価格です!!
1月21日(月)~2月2日(土)までの期間開催!
通常価格¥7560の施術→体験価格¥1999-
先着順20名様限定

たいよう整骨院|駒込の産後骨盤矯正・妊婦(マタニティ整体)
R駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分
東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
TEL 03-5832-9443

当院は地域でママに選ばれる整骨院No.1を目指しております!
産後の骨盤矯正・ぺリネケア・猫背・姿勢で悩まれている方はぜひ、一度ご来院くださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る