ブログ

帝王切開でも骨盤矯正は歪む

マタニティ・産後骨盤矯正専門たいよう整骨院・整体院の平山太陽です。
本日は帝王切開の方の骨盤についてです。
一つ目は骨盤の歪み方は普通分娩と違うのか、二つ目は筋力低下、三つ目は骨盤の歪みが起こす症状の三つを伝えたいと思います。

普通分娩と帝王切開の骨盤の歪み方

たいよう整骨院|産前産後ケア
当院ではよく「帝王切開でも骨盤は歪みますか?」と聞かれます。
確かに出産による歪みもありますが、骨盤は妊娠することで歪み始めます。
なので、帝王切開での出産の方でも、妊娠中にリラキシンというホルモンの影響で徐々に骨盤が開き、体は分娩の準備を少しずつ行っているのです。
そしてもう一つは、妊娠中の重心による影響。
お腹が大きくなることで重心が前方になり、骨盤の傾きやすくなります。この傾きのクセは産後に引きずるケースが多いです。
「出産すれば、体が楽になるはず!」と思っていて、なかなか取れない症状はこの骨盤の傾きが一つの原因かもしれません。
産後の症状は人それぞれ違いますが、出産方法は関係なく、骨盤は歪むのです。

産後の筋力低下


普通分娩と帝王切開の違いは帝王切開はお腹の筋肉を切開してしまうこと筋力が弱くなります。
お腹には腹筋や姿勢を支える筋肉が多々ありますが、切開することでお腹の筋力が低下します。
そうすると、産後の日常生活で姿勢を支えることができなくなり、さらになれない育児の影響で体により負担がかかってきます。

骨盤の歪みが起こす症状


骨盤は人の土台の部分の役割をしています。
腰痛、肩こり、尿漏れ、ポッコリお腹、むくみ、冷え性、産後太り、生理不順、便秘などの他にもさまざまな症状を引き起こす可能性があります。
これらの症状を良くするにはまずは土台である骨盤をしっかりと立たせてあげることが大切です。
特に産後ケアで大切なのが、骨盤底筋(ペリネ)を元の状態、またはより鍛えてあげることが必要です。
産後の不調でお悩みの方はまずは骨盤を元の位置に戻すことから始めましょう。

まとめ

帝王切開の方も骨盤を元の位置に戻すことが必要であり、衰えた筋肉を鍛えてあげることをしなければなりません。
育児をしているとなかなか運動ができないとお悩みの方も多くいらっしゃると思いますが、そのままだと体はどんどんツラくなってしまいます。
産後は体の状態を良い方向にも悪い方向にも変えることができます。
当院では産後ケアをすべての女性に受けて頂きたい!そういった想いも込めて産後の骨盤矯正体験会を行います。

産後の骨盤矯正体験会


産後ケアの想い
当院は私の妻が「産後ケアはどこですればいいの?」という一言をきっかけに始めました。産後は今後の人生を決める大事な時期であるにも関わらず、今の日本では産後ケアをしてくれる場所がまだまだ少ないのが現状です。育児によって心も体も疲れきった状態では楽しく子育てはできません。
ママを笑顔にすることが子供の笑顔にもつながると私は思ってます!「たいよう整骨院」はママを照らし、心も体もポカポカにできるそんな場所を目指しております!
院長 平山太陽

より多くのママを救いたいので今だけこの価格です!!
4/19(金)・4/20(土)・4/22(月)の3日間行います。
体験価格¥500
各日先着順8名様限定

たいよう整骨院|駒込の産後骨盤矯正・妊婦(マタニティ整体)
R駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分
東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
TEL 03-5832-9443

当院は地域でママに選ばれる整骨院No.1を目指しております!
産後の骨盤矯正・ぺリネケア・猫背・姿勢で悩まれている方はぜひ、一度ご来院くださいませ。
友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
たいよう整骨院|ほがらか整体
ページ上部へ戻る