ブログ

歩きスマホ 姿勢にも注意!!

駒込のたいよう整骨院の平山です。
皆さんは「ながらスマホ」という言葉はご存知でしょうか?
ながらスマホとは別のことをしながらスマホを操作すること。特に歩行中、スマホを見ながら歩いている方が多いですね。
前を見て歩かないと人にぶつかってしまったり、場合によっては大きな事故になってしまうことがあるので大変危険なことですが、私の目から見てスマホを見ながら歩く姿勢はとても悪く、この生活習慣で日々の生活を過ごすと若い人でも10年後にはもっと姿勢が悪くなり、体に様々な症状が起こる可能性があります。

歩きスマホの姿勢


歩きスマホは画面を見ている為、目線が下になります。この姿勢は顔を突き出し背中を丸めてしまいます。
歩きスマホ=猫背で歩いているのです。
ながらスマホは猫背を悪化させていく要因なのです。
これに気づかず長く続ければ続けるほど、この姿勢で歩くのが当たり前になり、何年後かはスマホを見てなくてもこの姿勢で歩くのが当たり前であると体が覚えていきます。

起こる可能性がある疾患

・頚椎症
・頚椎椎間板ヘルニア
・頚腕症候群
・胸郭出口症候群 など

頚椎症
頚椎の加齢により起こる椎間板の変性
頚椎症は年齢とともに誰にでも起きますが、首に負担をかけていると進行を早めたり、痛みの原因となります。

頚椎椎間板ヘルニア
頚椎の骨と骨の間にある椎間板というクッションがあります。中心の部分に髄核という組織がありますがこの椎間板の負担をかけ、髄核が移動すると椎間板が神経の方まではみ出してしまい、痛みやシビレという症状が出てきます。

頚腕症候群
レントゲンをとっても異常がないが、手のシビレや首から手にかけて痛みが出る症状です。
デスクワークの方に多いです。

胸郭出口症候群
肩や上腕に痛みやシビレ、また上肢が動かしづらいといった症状があります。
胸郭出口を通っている神経や血管が圧迫されることでおきます。

他にもありますが、このような症状のリスクが歩きスマホにはあります。

肩こりの原因にもなる

歩きスマホは日常の肩こりの原因にもなります。
それは顔を前に出して下を向いているからです。
頭の重さは平均で5kg~6kg(だいたい体重50kgの人で5kgくらい)あり、その頭を首で支えています。
少し顔が前に出ているだけで身体への負担は大きく変わってしまいます。
例えば、ボーリング球を真下で持つのと少し腕を前に出して持っているのとでは同じ重さの物でも、全然負担のかかり方は違うと思います。
そして長い時間、顔を前に突き出していると身体や筋肉は耐えられなくなり、痛みや症状を引き起こします。
これが首の痛みや背中の痛み、肩こりとなるのです。

まとめ

人は24時間、正しい姿勢でいることは不可能です。
猫背は悪いというイメージはありますが効率の良い仕事をする際は、猫背の方が断然よいです!!
ただ、生活の中で体の負担を減らす為に歩くときくらいは姿勢を意識してスマホを見ないで真っすぐ歩きましょう。
それが体にも周囲の方のにもメリットが生まれてきます。

姿勢が気になる方へ
当院ではオープン半年ということで施術料金も半額で行います!

特典
1.初診料¥2160が無料
2.施術料金が50%OFF

・ほがらか整体¥3240➡¥1620
・肩こり矯正¥4320➡¥2160
・猫背矯正¥5400➡¥2700
・骨盤矯正¥5400➡¥2700
・産後の骨盤矯正¥5400➡2700

期間
11月5日(月)~11月17日(土)まで
皆様のご来店お待ちしております。

JR駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分
東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
TEL 03-5832-9443

当院は地域でママに選ばれる整骨院No.1を目指しております!
産後の骨盤矯正・普段の疲れ・猫背・姿勢で悩まれている方はぜひ、一度ご来院くださいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る