ブログ

インナーマッスルの重要性

駒込のたいよう整骨院の平山です。
最近は、体幹は「インナーマッスル」が重要と世間でも広まってきていると思います。
スポーツをやっている人はパフォーマンスを上げるために「体幹=インナーマッスル」という認識も強いでしょう。
ただ、インナーマッスルは運動のパフォーマンスを上げる以外に日常生活の中でもとても大切な筋肉なのです。

インナーマッスルとは?

人の身体は簡単に説明させていただくと、表面に皮膚や脂肪があり、その下に表の筋肉「アウターマッスル」、さらに深い奥にある筋肉を「インナーマッスル」と言います。アウターマッスルは主に関節を動かす時などに使います。例えば、膝を曲げたり伸ばしたりできるのはアウターマッスルの働きなのです。
運動では一時的に強い力を出したり、俊敏な動き出しをするにはアウターマッスルが重要です!
インナーマッスルはアウターマッスルのように大きな筋肉ではなく、細かい小さな筋肉が多いのが特徴です。
主にインナーマッスルは姿勢を支えてあげるのに必要な筋肉です。
インナーマッスルの特徴は強い力を出したりするのではなく、持続的に体を支えたり、姿勢を良くするのに重要な筋肉です。
体幹を鍛える=インナーマッスルを鍛える
インナーマッスルが強くなることで姿勢が良くなり、体もブレなくなる為、今スポーツ社会では体幹トレーニングが増えてきているのです。

女性は特にインナーマッスルが必要

「スポーツに興味のない女性はインナーマッスルは必要ないよ」と思う方もいらっしゃると思います。
けれど、特に女性の方はインナーマッスルが必要なのです!
それは女性の8割は冷え性である。これが関係してきます。
筋肉は動かす、体を支える以外の他に「体の中の熱を作る」働きがあるのです。
女性はもともと男性より筋肉の量が少ないことやデスクワークなどで座りっぱなしの為、冷え性になりやすいのです。
ダイエットも体重が落ちて喜んでいる矢先にリバウンドをされた経験がある方もいらっしゃると思います。
どちらも筋肉が弱いことで起きてしまうことなのです。
インナーマッスルは身体を支える=常に使うことができる筋肉
そうすると、インナーマッスルが働くことで体の中で熱を作り出し、基礎代謝も上がることでエネルギーを使い、体に余分な脂肪をため込まないようになるのです。

しかし、なぜ冷え性に悩む多くの女性はインナーマッスルを鍛えられないのか?
・筋肉と冷えが関係していることを知らない。
・運動が嫌い、または苦手
・時間がない
・トレーニングが続かない
・鍛え方がわからない
・筋トレはつらいからやりたくない など

インナーマッスルはとても鍛えづらく結果が出るまでに時間がかかって断念してしまうことが多いのです。

そんな方におすすめなのがほっトレ!

冷え性解消プログラムほっトレ


ほっトレとは岩盤浴マットで体を温めながら、EMSマシンで筋肉を鍛えるプログラムです。
温めながら筋トレが同時に行えるまさに冷え性の方のためにあると言っても過言ではありません!
ほっトレで使用しているEMSは30分間つけているだけで、筋肉に入る刺激は腹筋9000回相当の効果があり、運動が苦手な方でも簡単にできます。
それに加えて岩盤浴マットに入って温めることで筋トレ効果をあげ、発汗効果やジョギング60分相当、カロリー消費といった効果もあるのです!

冷え以外にもおすすめの症状

・冷え性の方・低体温の方・運動不足の方
・むくみやすい方・太りやすい方・肩こり腰痛の方
・猫背の方・引き締めたい方・筋力をつけたい方は特にお薦めです!

ほっトレ体験会キャンペーン!

当院では10月15日(月)~10月31日(水)までの期間、体験会を開催しています。
通常¥3240円➡キャンペーン価格¥1080円

場所 たいよう整骨院 東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
アクセス JR山手線駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分

お近くの方や体験したい方はぜひお越しくださいませ。

体験会をご予約の方はこちらからできます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る