ブログ

冷え性と筋肉の関係

駒込のたいよう整骨院の平山です。
ここ数日だんだんと寒くなってきて体調管理が難しい時期だと思われます。

皆様は寝るときに足先が冷えていてなかなか寝付けないといったご経験はされたことはありますか?
そのような経験をされた方は「末端冷え性」です!
特に男性よりも女性の方が冷え性の方が多く、噂では女性の8割が冷え性に悩んでいるらしいです。
その一つの原因は男性と女性の筋肉量の違いにあります。
筋肉量が少ないということは肩こりなどの影響もありますが、筋肉には関節を動かすという役割の他に体内の熱を作るという重要な働きがあります。
この働きがしっかりと機能しているかどうかがあなたの悩んでいる冷え性を解消できるポイントになってきます。

筋肉の役割

寒くて体の芯まで冷えてくると体は自然と震えてきますよね?それは筋肉が体内に熱を作るための収縮する動作なのです。
体の中で熱を作り出すのは、筋肉と肝臓ですが量的には圧倒的に筋肉が多く、体温の維持にも筋肉が役立っています。
運動すると体がポカポカと温まってくるのは筋肉が動いて熱を作っているからなのです。
特にデスクワークで座りっぱなしで体を動かす機会があまりない方は筋肉量は低下し、冷え性から抜け出せない体質になってしまっているのです。
筋肉以外にも冷え性になる原因は自律神経が関係してきます。

自律神経の乱れ

自律神経という言葉を最近は世間でも広まってきているかと思います。
病院などで診察しても異常が見当たらない時などに「原因がないから自律神経からきてるらしいよー」という声を聞くようになりました。
ちなみに自律神経とは交感神経と副交感神経のことをいい、バランスが保たれている状態が崩れてしまうことを自律神経の乱れとしています。
冷え性に何が関係しているかというと、体の温度調節です!
自律神経には機能を促進させる交感神経と機能を抑制する副交感神経があり、寒いときに手足の血管を収縮させて熱を逃がさない働きをするのが交感神経の役割であり、逆に暑いときは血管を拡張させ体温を下げる働きを副交感神経で行ないます。
本当なら冬は主に交感神経が、夏は副交感神経が働くように身体はできているのですが、自宅や職場などの冷房環境の充実や暑いと冷たい食べ物、飲み物の多量の摂取が身体の体温を下げたり、室内と室外の寒暖差(7℃以内が理想)により調節機能が逆になってしまい、どんどん身体の調節機能に障害が出てくるのです。

起こる症状

肩こり、腰痛、頭痛、だるさ、疲れ、月経痛、月経不順、便秘、下痢、動機、むくみ、乾燥肌、しわ、シミ、抜け毛、薄毛、歯周病など数えきれないくらいの症状が身体の冷えが原因でおこる可能性があります。

冷え性の対策

やはり一番良いのは筋肉をつけるための運動ですね!
関節を主に動かすアウターマッスルと体幹と言われる姿勢を維持するインナーマッスル、どちらも役割としては大事ですが冷え性にはインナーマッスルが重要です!
インナーマッスルはヨガやスポーツ選手が行なっている体幹トレーニングで鍛えることができます。
最近は体幹の重要性が世間でも認知されてきており、たくさんの体幹トレーニングの本も出版されていますのでそれをやるのも良いでしょう。

体を冷やしてしまうような格好も避けるとよいでしょう。
この時期は寒くなったり、暑くなったりして服装も何を選んでいいか悩むと思いますが、意外と冷えてしまうのは寝ている際の寝巻の服装です。
夜中に布団をかぶらず、半そで、短パンで寝ている方は要注意です!!

色々な冷え性の解消方法がありますが、筋肉をつけて体を芯から温めてあげることが冷え性とおさらばできる方法だと思います!

最後に

いかがでしたか?
筋肉の重要性が少しでも知っていただければ幸いです。


筋肉の鍛え方がわからない、楽して筋肉をつけたい方へ

当院では寝ながらインナーマッスルを鍛え、温められるほっトレを10月15日(月)~10月31日(水)までの期間、体験会を開催しています。
通常¥3240円➡キャンペーン価格¥1080円

場所 たいよう整骨院 東京都北区中里1-7-6ホワイトハイツ駒込1F
アクセス JR山手線駒込駅東口から徒歩2分、南北線駒込駅から徒歩5分

お近くの方や体験したい方はぜひお越しくださいませ。

体験会をご予約の方はこちらからできます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る