ブログ

デスクワークはなぜ、肩こりになるのか?

駒込の姿勢・猫背矯正専門たいよう整骨院の平山です。
若いときは「肩こりって何?」っていう方が仕事を始めてから肩こりに悩まされてしまうケースがあります。
その原因はデスクワークでの長時間の座位による作業が関係しています。

デスクワークの姿勢

現代はパソコンの普及により、多くの仕事はパソコンでの作業が大半の割合を占めている方と思います。
パソコンでの作業はこのように首が画面に近づき、キーボードを打つために肩を内側に入れてしまう傾向があります。その影響により、背中も丸くなってしまうのです。
この姿勢の持続により肩周りの筋肉が緊張し、血液循環が悪くなり、老廃物が筋肉に溜まることにより肩こり
という症状が起きます。

顔を突き出している負担は想像しているの以上

人の身体の中でもっとも重たい部位は頭です。
頭の重さは体重50kgの人でだいたい5~6kgくらいあると言われています。
その頭の重さが少し前に出るだけで、重さ以上の負荷がかかります。
この顔を出した姿勢を長い時間すればするほど、首や肩の筋肉に負担がかかるのです。
意外と当たり前にやっていることの積み重ねが痛みに変わっていきます。

肩が内側に入ることで影響は

肩が内側に入っての作業は肩甲骨の位置にも変化があります。
当院ではこのような姿勢を「前肩型」と呼んでいますが、
前肩型は胸の筋肉を短縮させてしまう傾向が強いのです。
胸の筋肉が固まり、短縮すると肩甲骨が外方や上方(外側や肩甲骨がおじぎをしている方向)
に移動してしまいます。
肩甲骨が移動してしまうことにより、筋肉にも負担がかかり、緊張してしまうのです。
これが肩こりが治らない一つの原因にもなっています。

肩こりを軽減させるには?

まずはこまめに休憩をとりましょう!
同じ姿勢で作業をされていると悪い姿勢での負担がだんだん強くなるので姿勢を戻すことで
一度、リセットすることが大切です。
仕事柄、なかなか立つことができない方は座り方に注意するといいでしょう!
背中が丸くなってしまう座り方は骨盤が傾いています。
骨盤を真っすぐ立てるだけで自然と姿勢が良くなるので、こまめに骨盤を立てましょう。
骨盤を立てるポイントはお尻の穴が真下を向いているように意識をしてあげると良い姿勢で
座れます。

このように仕事の合間に姿勢をこまめに変えることで肩こりの予防になりますので、
まずは意識から直してしていただくと良いと思います。

あとは、よく肩回しをすると良いのですが、意識が変わるだけで効果も変わります。
肩回しは基本、内回しから初めて下さい。
そして、腕よりも肩甲骨が動いているイメージを持って
大きくゆっくり回してあげると良いでしょう。
内回しを10回程度回したら、次に外回しです。
外回しは肩甲骨を回すイメージ持ちながら大きく胸を張らせて胸の筋肉を
伸ばしましょう。
外回しもゆっくり回して10回程度行うと良いでしょう。

そして湯船になるべく入りましょう!

シャワーだけで済ませてしまう方もおりますが、固まった筋肉には身体を温めて
血流を良くすることが大切です。
38℃~40℃位の温度で20分~30分浸かることで身体の芯の部分まで温まり、
血流の流れも良くなり、疲れも取れやすくなります。

最後に

いかがでしたか?
肩こりは症状であるので、姿勢を気をつけて筋肉をいい状態に保てれば改善します。
姿勢について知りたい方や、お悩みについて相談したい方はぜひ、一度ご来院ください。

山手線東口駒込駅から徒歩2分
南北線駒込駅から徒歩5分

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


たいよう整骨院
一般社団法人 日本施術マイスター養成協会
ページ上部へ戻る